クオリティ オブ ライフ

腎臓病や肝臓病の患者が世界的に癌に負けずに増加しています。

原因はアルコール、肥満、B型ウイルス、ACE阻害薬、ARB、利尿剤

非ステロイド性消炎鎮痛薬、頭痛薬、痛み止め、鎮痛剤などの

長期な利用になります。

病院に入院されてる方ほどお薬の使用が増加しますので病気に

なる確率が上がります。

無意識に日常に飲まれてるお薬にもリスクがある事を理解されましょう。

 

病を恐れて病院に行く事で安心をされたがりますが、病院に行かれて多くの

薬を飲まれたり検査を増やす程病気のリスクは高まります。

50肩になった時レントゲンを先生はリスクがあるのでと勧めませんでした。

アメリカでは日本のようには健康診断も積極的ではありませんし高級な人間ドックも

ありません。

アメリカにはない外資のがん保険の日本のCMの多さにびっくりします。

1時間のドラマの合間に何度もCMで癌の確率などを説明しています。

アメリカにはない光景でしてあんなにCMをしてましたら不調になるたびに

癌がよぎるようになるのではないでしょうか?

 

血圧を下げるための薬の副作用で頻尿になりますと利尿剤が処方されます。

利尿剤を長い期間服用されますと腎臓が弱り透析の治療が初まります。

これでライフスタルは病院になってしまいます。

血圧が高いのはお食事の問題ですからお薬に依存されるより食生活を

見直すのが重要ですがそのような説明をされてもお薬に頼る患者さんも

多いでしょうし患者はお客様ですから多い方が都合が良い事も

あるのかもしれません。

私のコレストロール値が去年少し高かったですが先生はお薬さえ勧めませんでした。

なのでお薬も私は飲んではいません。

日本なら勧められるのではないでしょうか?

 

母を胃がんで10年前に亡くしました。

3ヶ月の命と脅かされて胃の全摘をしまして抗がん剤の治療と

意識がない母の検査を亡くなるまで続けてました。

無理な治療をしても3ヶ月で母は亡くなりました。

治療費のお支払で不必要な検査を勝手にされていた事に後に気がついたのを

覚えています。

ハワイに戻り病院の先生に母の事を説明しますと末期がんの

無理な治療をアメリカではしてないと言われてびっくりした

事を覚えてます。

 

死を恐れるあまり医師の言う事に促されやすいですが、ご自身の命の

選択はご自身にあります。

医療に任せるのではなくしっかりご自身の身体を理解されて

最善の生き方を選択する事が大切だと思うのです。

 

 

 

HP⇐新しくなりました。

オラクルカードとタロットカードのリーディングとカウンセリングを承ります。

恋愛、不倫、離婚、育児、介護、経済など生活の悩みで思考が囚われてる

方が多いと思われますがそのような思考では未来を変更出来ません。

尚、どんなに精神科などに通われて安定剤や睡眠薬を飲まれても

解決には繋がりません。

むしろお薬の依存に繋がるだけです。

私のセッションは思考をリセットしてやるべき事を理解出来るように

意識されて頂くためのメゾットです。

男性のご相談もお受けいたします。

結婚生活やお仕事の事などポジティブな意識になるように寄り添わせて

頂きます。

HP←詳しくはこちら

8espoir@gmail.comまでご連絡下さいませ。

卑弥呼

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ読者登録してね

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ

Line@をしています。

⇓より登録をして下さいませ。

ご希望であればご相談の内容はブログのお題としてお答え致します。

我が家の愛猫サバンナキャットF2(2代目)の卑弥呼様です。

関連記事

お問い合せ・ご質問はこちらから

8espoirは完全予約制です。
お問い合せは24時間365日受付けております。
どうぞお気軽にお問い合せください。

PAGE TOP